アメリカ情報

EAD米国労働許可証の審査遅延により職を失った数百名がトランプ政権を訴える

Employment Authorization Document (EAD) とは、アメリカでの労働許可証です。

L1 ビザ、E1/E2 ビザ、H-1Bビザなどのビザ保有者の配偶者、Optional Practical Training (OPT)を申請する留学生など、EADを取得すれば米国での就労が可能です。

 

上記ツイートによると、2019年から米国市民権・移民業務局はトランプ大統領の指示でH-1Bの配偶者を中心にEADの審査期間を 故意に延長してきました。

その結果、アメリカでキャリアを築いた配偶者は職を失い、すでに数百名の配偶者がトランプ政権を訴え、ツイッターやウェブ上でも悲痛の叫び飛び交うようになりました。

更新手続きの審査期間が数週間以上から、現在は6ヶ月以上となっていますので、早めの更新をお勧めします。
現在のEADの有効期限が180日を切れば、更新手続きが可能です。

私は専門家ではありません。詳細はUSCISのウェブサイトまたは移民弁護士にご確認ください。

参考

USCIS公式ホームページ こちら

EAD申請方法について こちら

審査期間の確認(フォーム・サービスセンターを選択)こちら

手続きの状況確認ページ こちら

 

-アメリカ情報

Copyright© donodo , 2020 All Rights Reserved.